ジェネリック医薬品について | マラセブシャンプーのジェネリックなら個人輸入サイト!

マラセブシャンプーのジェネリックなら個人輸入サイト!

ジェネリック医薬品について

「ジェネリック医薬品について」の画像イメージです。

ジェネリック医薬品というのが最近よく耳にしますよね。ところでこれは何なのでしょうか?ジェネリック医薬品という名前のお薬という風に思っている方もいるかもしれませんが、そうではありません。既存のお薬を作った会社ではない他の会社によって作られた同じ効能のお薬のことをいいます。安価で発売されているので、もとよりもジェネリック医薬品のほうがお得という認識をされている方もいるかもしれませんね。

そもそもジェネリック医薬品とはなぜ安いのかというと、ジェネリック医薬品というのは後発医薬品と呼ばれ、そのもととなるお薬、つまり新薬は先発医薬品と言われています。最初に作るのが新薬で、後から作るのがジェネリック医薬品というわけですね。後から作る際には新薬のデータがあるので簡単に作れますよね。なので費用を抑えることが出来ます。そのため安価で発売出来るのです。
ですが、安価に抑える努力のひとつとして有効成分以外の材料を安いものでまかなっているため、フィルムがはがれやすい、お薬が割れやすいというデメリットもあります。その点はもとのお薬の方が良いという人もいるかもしれません。
しかし、有効成分や効き目に対しては同じでないとしながらも、ジェネリック医薬品では味と大きさを変えても良いというオリジナリティーを許可しています。そこに飲み辛さを感じていた人にとってはメリットですよね。

こだわりでどっちがいいというのはあるかもしれませんが、単純に安くて同じものが手に入るというのは嬉しいことですよね。